キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 土地や建物の名義変更の際に行う不動産登記とは? : 土地名義変更ハートフルナビ

土地や建物の名義変更の際に行う不動産登記とは?

土地や建物の名義変更の際に行う不動産登記というのは、土地や建物の所有者を明確にしてスムーズに取引きを行うための制度のことです。

土地名義変更ハートフルナビメイン画像

土地や建物の名義変更の際に行う不動産登記とは?

土地などの名義変更の際に、不動産登記という言葉を耳にすることが多いと思います。

不動産登記とは、不動産の取引がスムーズにいくように国が管理している不動産登記簿に、土地や建物などの不動産の権利の移動や消滅に関して記載すること。

その制度のことなのだそうです。

不動産登記はどこで取り扱われているかというと、登記所と呼ばれる法務局なのだとか。

登記所は、管轄区域ごとに分かれていて、それぞれの出張所で行われているようです。

この不動産登記がないと、例えばおかしな事態が起こり得ます。

一つの土地の所有者を名乗る人物が、二人出てきたり、一つの土地を二人に売られたり、相続時に適正な処理が行われなかった場合などに、それらの土地や建物の所有者をはっきりとさせる必要が出てきます。

不動産登記があれば、こんなときにも一目瞭然ということになりますが、ということは、不動産登記に載せてしまえばこっちのもの、と言うこともできますよね。

ですから、名義変更は遅れずにきちんと手続きするのが大切なのです。

Copyright www.saint-vincent-corgoloin2011.com.All Rights Reserved.

当サイト(土地名義変更ハートフルナビ)の記事・画像などの無断転用を禁止します。