キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 離婚の際に土地や建物などの名義変更を行いたい場合のタイミング : 土地名義変更ハートフルナビ

離婚の際に土地や建物などの名義変更を行いたい場合のタイミング

離婚の際に土地や建物などの名義変更を行いたい場合、離婚成立後の財産分与の方が、お得です。

土地名義変更ハートフルナビメイン画像

離婚の際に土地や建物などの名義変更を行いたい場合のタイミング

離婚の際に、土地や建物などの名義変更が行われることがあります。

それは夫婦のどちらかが、もう一方に対して財産分与を請求した場合においてです。

ほとんどの場合、やはり妻が夫に請求することが多いのだそうです。

これは婚姻中の夫婦が所有する財産は、夫婦が共有するもの、という認識で行われるもの。

名義は夫になってはいるけれど、二人のものだから、離婚するなら分けましょう、という妻の希望から行われるようです。

土地や建物などの財産を分与する場合に注意したいことは、やはり税金に関してです。

例えば、離婚がまだ成立していない場合に分与しようとすると、夫から妻への贈与という形になるため、妻に対して贈与税が課せられることになります。

離婚成立後に財産分与を行う場合、分与した夫の方に譲渡所得税と住民税がかかることになります。

どちらもある程度控除が効くようですが、離婚成立後の財産分与の方が、お得と言われているようです。

ちなみに、所有する不動産にローンが残っている場合の名義変更には、金融機関の承諾が必要なのだそうです。

Copyright www.saint-vincent-corgoloin2011.com.All Rights Reserved.

当サイト(土地名義変更ハートフルナビ)の記事・画像などの無断転用を禁止します。